17年越しの誘惑

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

17年越しの誘惑

彼らは また 私たちを 深いまどろみ へと 誘うのか_


My Bloody Valentine : To Here Knows When : Fuji Rock '08


My Bloody Valentine : Soon : Fuji Rock '08
関連タグ:[ ] [ 2008/07/29 00:36 ] その他 | コメント(2)
こんばんは。
早速貼ってますね。
今でもたまに、CD聴いてまどろみに浸ります。
現場だとかなりの高揚感だったと思いますよ。
これから先ライブ日本であるのかな?
もしなかったら伝説ですね。
[ 2008/07/29 01:40 ] [ 編集 ]
>august999さん
単独ライブも行ってほしいですが、
新譜発売の噂もあるのでまずはそちらをリリースしてもらい、
リリース後に改めてライブを開催して欲しいです!
[ 2008/07/30 01:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。