ビオトープ2008

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ビオトープ2008

本格的にビオトープシーズン到来で
庭の水鉢にも活気が出てきました。
6シーズン目を迎える我が家のビオトープは
どんな展開を見せてくれるのでしょうか・・・

ヒツジグサ(未草)
ヒツジグサ(未草)の蕾
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■ヒツジグサ(未草)
数あるスイレンのなかで唯一の日本固有種。
小輪ながら純白の花びらは情緒を感じる。
癖のない非常にシンプルなスイレンである。


ミリオフィラム・マトグロッセンセ
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■ミリオフィラム・マトグロッセンセ
数シーズンに渡り越冬してきた。
他の水草が枯れるなか意図も簡単に越冬をする強靭種。
今年もバケツの鉢でシーズンを迎える。


クローバー
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■クローバー
庭の一画でコロニーを形成している。


シノブ科
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■シノブ科(?)
普通に水上のシダも好きです。


老犬1
老犬2
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■老犬(♂)
人間でいうと還暦は過ぎている感じ。
いつまでもお元気で。
関連タグ:[ ミリオフィラム ヒツジグサ ] [ 2008/05/25 14:21 ] ビオトープ | コメント(6)
ヒツジグサってシンプルでいいですね。
確かに和の情緒を感じます。
それを感じさせる写真が上手いとも言う^_^
ところでミリオフィラム・マトグロッセンセって屋外越冬可能なんですね。
やはり水草の管理はしっかりしないといけないですね~。
[ 2008/05/26 00:15 ] [ 編集 ]
>imp28さん
派手なスイレンも悪くないですが、
シンプルなスイレンが好きですね。
最近ちょっと熱帯スイレンには興味ありますが・・・

ミリオフィラム・マトグロッセンセは
なにかの水草を買ったときにおまけで少量ついていたのを
取り合えずバケツに放り込んでおいたら徐々に増殖して今に至ります。
温暖化の影響もあり、意外と簡単に帰化してしまうものです。かなり怖い話です。
[ 2008/06/01 02:23 ] [ 編集 ]
こんばんはー。
ビオトープ、水上葉、どれも綺麗ですね。
うちも以前コブラグラスを実家の庭のビオもどきに
つっこんでおいたら水上葉がニョキニョキ出てきました。
逆に水槽に入れているコブラグラスはボロボロで。
老犬かわいいっす。
耳のとこをサワサワしたいっす(笑
[ 2008/06/12 21:32 ] [ 編集 ]
>zoeさん
水草は意外というかなかなかたくましい面もありますよね。
水槽の水草がダメダメな時でも庭に放置している水草のほうが調子よかったりするし、植物は難しい・・・。

この老犬は雑種で子犬を弟が拾ってきてから十数年飼っています。
子犬のころからたれ耳で大きくなったらピンと立つものかと思ってましたが、
晩年までずっとたれ耳のままでした。
[ 2008/06/13 00:55 ] [ 編集 ]
こんにちは。
前記事にコメント失礼します^^;
ビオの置かれている場所は、
お庭でしょうか?まわりの植物に見事に溶け込んでいて、とってもいいですね^^
(特にマトグロのバケツ♪)
睡蓮の小ぶりな白。
いがいと見かけないので、新鮮な感じがしました。
(可憐だ♪)
老犬。うちの近所のクルマやさんにも、
一匹年老いた犬がいます。
歩き方もゆっくりで、おもわず微笑んでしまうくらい、
味のあるかたです^^
たまに表に出てないときがあって、
どきどきしながら、探すことも・・・^^;
(見つけると、
夫婦でお互い報告しあうことになってます♪)
[ 2008/06/13 10:51 ] [ 編集 ]
>Nさん
はい、お庭で撮った写真です。
犬も年齢を重ねるとよい味もかもし出すものですね。
うちの犬も足が悪いので鎖につながず庭で悠々自適な生活を送っております・・・。
[ 2008/06/15 06:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。