米国産ウォーターフェザー

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

米国産ウォーターフェザー

米国産ウォーターフェザー

一月ほど前に購入して溶岩石に巻き付けてあるウォーターフェザー。
普通のウォーターフェザーは活着力が弱いかほとんど活着しないタイプがほとんどで、活着しないモスに興味はない!ということで高価だし特に欲しいとは思いませんでしたが、こちらの米国産ウォーターフェザーはがっつり活着するということで興味があり育成しています。
常温と加温で別々に育成していましたが、常温はさすがに今の時期は厳しかったらしく、ほとんど成長が見られなかったので、水槽へ移しその後ちょっとづつですが成長しているようです。
活着はするそうですが念のためポリエステルの糸を巻き付けて固定してあります。
関連タグ:[ ウォーターフェザー ] [ 2008/03/20 10:34 ] 水草 | コメント(2)
こんにちは。
ウォーターフェザーは、僕も活着しないなら
使いにくそうだと思っていましたが、こちらは活着するタイプなんですね。
是非フサフサにしてください^^
[ 2008/03/21 13:04 ] [ 編集 ]
>zoeさん
小鉢にソイルを入れてそこへウォーターフェザーを植えてあることがありますが、
あれはただ差し込んであるだけなんですよね(笑)
しかし微妙です・・・。
こちらのものは見る限り溶岩石に活着してきてる感じです。
フサフサ目指して頑張ります。
[ 2008/03/22 01:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。