最高品質の水槽を追い求めて

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

最高品質の水槽を追い求めて

みなさんアクアリウムを楽しむうえで必要不可欠なモノと言えば何を想像しますか?
光を供給するための照明器具でしょうか?
それとも水槽内を浄化するためのフィルターでしょうか?

正解はというと水槽(容器)です(笑)
これがないとそもそも水を一定の場所に留めておくことはできませんからね。
自分は日ごろからよりよい容器がないものかといろいろ調べてはいるのですが、
先日もの凄いものを発見してしまいました。

石英ガラス製角型ビーカー(200mm角)
石英ガラス製角型ビーカー


おお!これは水槽として使用するにもピッタリなサイズではないかと価格を見てみると・・・

「通常価格 ¥344,000(税抜)」

¥344,000?!!

一瞬0が二つほど多いのではないかと目を疑いましたが間違いありません。
20cm四方でこの価格はまさしく超高級品です。
半導体プロセスなどに使用されているものと同等品だそうです。
なんといっても石英ガラスなので透明度は抜群でしょう。
比較としてあのADA キューブガーデン・スペリアでさえ¥53,550ですから格安に見えます^^;

完全受注生産ということでブルジョワなあなたに持ってこいの商品となっております(笑)
自分はというと、まぁ宝くじで大当たりが出たら買ってみるのもいいかな~。
以上一般市民にはご縁の少ないお話でした。
関連タグ:[ 水槽 ] [ 2008/02/24 06:58 ] アイテム | コメント(2)
こんにちは。
べらぼうなお値段の水槽(ビーカー)ですね^^;
僕はスペリアで十分かな~なんて(笑
半導体プロセス??って何でしょうね。

[ 2008/02/25 16:22 ] [ 編集 ]
>zoeさん
ええ、おっしゃる通りでお金の無駄だと思います(笑)
そもそも水槽としての用途に使うのはもったいないでしょう。
[ 2008/02/25 23:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。