レッドドラゴンの稚魚

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

レッドドラゴンの稚魚

以前に紹介したワイルドベタのディミディアータ以外にベタ・スプレンデンスの改良品種も飼育している。
一般的なトラディショナルではなく、プラカットというより強靭な系統同士を掛け合わせて作られたまさしく闘魚のなかの闘魚と呼べるタイプ。
原種からプラカットが固定化し、その後観賞用目的にトラディショナルが生み出されその後さらに美を追求したベタブリーダーたちの手により究極ともいえるショーベタが誕生しました。
自分はどちらかというと原種のほうが好みで改良品種にはあまり手を出さなかったのですが、この原種の力強さとさらに美の要素も獲得したプラカットというタイプを見たときに、思わず一目ぼれをしてしまったのです。プラカットのなかでも細かく区別がされており、そのなかでドラゴン系というタイプの象徴ともいえるレッドドラゴンを飼育してみようと思いました。
このドラゴン系というタイプはベタ・インベリスやベタ・スマラディグナとの交配の末誕生したとの説もあり、全身がプラチナ色のウロコで覆われヒレやエラもとが深紅に染まる非常に美しいベタです。そのレッドドラゴンのペアが繁殖しました。
レッドドラゴンの稚魚たち

生後1日目

7月20日から飼い始めたので約2週間であっさり繁殖してしまいました。当初オスがメスにたいして威嚇してばかりだったので、お見合いさせ一時いっしょにさせ、また別々に隔離を繰り返していましたが、一向に交尾をしてくれなかったので一度長期隔離でやり直そうとオスメス分けていた矢先の出来事でした。ただオスの方は水面から盛り上がるほどの泡巣を丹念に作っていたので、可能性はあるなとは思っていたのですが。昨日オスに餌をやるためにプラケースのフタを開けると何やらキラキラしたものが無数に水面付近を漂っていたので、よくよく見ると小さい稚魚がたくさん泳いでいました。しかし自分のいない間にこっそり交尾をしていたとは・・・。数日前にメスはオスから隔離してすぐポロポロと無精卵を産んでいたので、繁殖は一時お預けかなと思っていたのでとてもラッキーな出来事でした。この稚魚たちがやがて立派なレッドドラゴンへと変貌する日を待ち侘びながら、まずは早く安心できるサイズになるまで大きく育てたいです。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。