大地は天然の底面ろ過システムである。

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

大地は天然の底面ろ過システムである。

アクアリウム通販最大手のチャームさんが
「チャームのアクアリウム教室」と題したブログを公開されていますね。
かなり真面目にアクアリウムを考える内容となっています。
理科の教科書などで出てきそうな話題もあり、なかなか面白いです。
こんなの知っていて当然という方にも改めて知識を復習する意味で損はないと思いますよ。
こういうスタッフブログを見るとスタッフさん達のアクアリウムに対する熱意が伝わってきます。


【チャームのアクアリウム教室】
http://chanet3.blog99.fc2.com/
関連タグ:[ ] [ 2008/01/17 00:39 ] 雑記 | コメント(2)
こんばんは。
さっき「チャームのアクアリウム教室」を見てきました
^^
地球上の水のうち
淡水の割合がたったの2%にも満たないなんて!
もっとあるかなと思っていたのに・・・
愕然としてしまいました。
大事にしないとですね~!
[ 2008/01/18 00:07 ] [ 編集 ]
Nさんご来訪ありがとうございます。
地球上に2%しかない真水。
そのなかで暮らす熱帯魚も限られた環境の中で生きているんですよね。
蛇口の水をそのまま飲める日本は水に恵まれた国だと思います。水質もおおかた軟水だし、実はアクアリウムをするには最高に適した環境に住んでいるんですよねー。
[ 2008/01/18 00:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。