南米からの使者

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

南米からの使者

東南アジア周辺のコイ科が好きとか言っておきながら、おもいっきり南米のお魚に手を出してしましました(笑)
最初はそこらのグッピーと似たようなもんだろとまったく興味はありませんでした。
しかし出会ってしまったのです。いわゆる『お年玉』系統というやつに。
エンドラーズのなかでもラグナ・デ・パトスとこのお年玉は別格でした。
グッピーとかなり混雑した個体でもっと模様も派手なタイプのものもありますが、
この原種に近いタイプの個体には到底及びません。
グレードとしてはまだまだですが、これからもっと綺麗な子が出てくればと期待しています。

エンドラーズ・ライブベアラー♂
エンドラーズ・ライブベアラー♂

エンドラーズ・ライブベアラー♀
エンドラーズ・ライブベアラー♀
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。