傷心水景

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

傷心水景

水景の写真

今朝ふとこのブログを覗いてみると、なにやら見知らぬ広告のようなものが貼り付けられていて、どうやらFC2 BLOGは更新が1ヶ月間滞ると強制的にスポンサー広告が貼りつく仕組みのようです。
藍藻との闘いに決着が付かぬまま、思い切ってリセットをしたのですが、フィルタをそのまま使っていたのでまだ微妙に水草の根や葉に絡み付いております。エキノドルス・テネルスが植わってます。もうちょい茂って草むらっぽくしたいです。しょぼい水景ですいません。
藍藻の巣窟と化していたソイルを丸ごと取り出し、変わりに1年前くらいに買ったまま放置してあったマスターサンド(溶岩砂)を敷き詰めました。取り合えずまだ肥料は入れてません。若干ガラス面に苔が生えてきたので引き気味の写真で失礼します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。