ハイグロフィラ ポリスペルマ セイロン しだれ水上葉

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ハイグロフィラ ポリスペルマ セイロン しだれ水上葉

植物というものは基本的に日光へ向かって成長するもの。
しかし時として太陽に逆らって葉を伸ばすこともあるのだろうか。

ただ単に己の体重を支えきれずに垂れ下がったのでは?
そのような意見もありそうですが、それではロマンがない。

むしろ自ら日光のあたる量を調整し絶妙な日照加減となった姿が今のこれなのだ。
そう捉えた方がロマンがあるじゃないか。

おそらく途中までは妥協して重力に身を任せていたが、
あまりに日光があたらず、焦って先端だけ持ち上げた・・・そんな感じ。

ハイグロフィラ ポリスペルマ セイロン 下部

ハイグロフィラ ポリスペルマ セイロン 上部

ちなみにハイグロフィラ ポリスペルマ セイロンを植えたはずだけれども、
うろ覚えで同時期にタイガーハイグロも購入し、水上葉がそっくりだった記憶が・・・
ということで、もしタイガーハイグロの水上葉だったらごめんなさい(笑)
関連タグ:[ ハイグロフィラ 水上葉 ] [ 2011/10/19 00:08 ] 水草 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。