GEX(ジェックス)の観賞魚用サーモスタット付ヒーター

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

GEX(ジェックス)の観賞魚用サーモスタット付ヒーター

まずは下記のページをご覧下さい。

■製品の無償交換のお知らせとお詫び
http://www.gex-fp.co.jp/safety/00.html

このヒーターですが見覚えがあり、
うちのなかを探してみたところ
ずばり対象品が見つかりました。

GEX(ジェックス)の観賞魚用サーモスタット付ヒーター

幸いにも予備用のヒーターなので未使用でした。
しかし写真の以外にあと2台も見つかりました(笑)

現在使っているヒーターも確認しましたが、
すべてNISSO(ニッソー)の製品でした。

今回のリコール対象品ですが、
コンパクトでブラック管なので
水槽内でも目立ちにくく人気ありそうですよね。

実際に使用中の水槽写真をブログで公開されてる人もいるので、
もし見かけたら危険なので知らせてあげて下さい。
突然発火した例もあるようなので・・・

GEXの製品はよく使っているので
今回の不具合は非常に残念です。
関連タグ:[ ] [ 2010/07/15 20:16 ] その他 | コメント(7)
 ご無沙汰しています。
 お知らせとお詫びページ確認しました。
リコール品のうち別のほうのタイプですが、実はこれと同型でヒーターの付いてないタイプ、
デザインが気に入って3台購入したのですが、既に2台が故障してます。簡単に壊れて欲しくない装置
なんですが・・・
[ 2010/07/15 21:50 ] [ 編集 ]
>873mさん

メーカーの推奨する交換時期は一年なので
まあ一年前後もてばいいんでしょうね。

ただあくまでヒーターの寿命であって、
サーモスタットがすぐ壊れるのは
いかがなものかと思いますけどね^^;

GEXの製品にたいする信頼性が損なわれてしまいました。

一方同じサーモヒーターでもNISSOのものは
約10年ほど使い続けていますが、
いっこうに壊れる気配がありません。

ヒーターは消耗品と位置づけている
メーカー泣かせなユーザーなのはわかってます(笑)
[ 2010/07/16 00:28 ] [ 編集 ]
Fisheyeさんの記事を見てすぐさま自分のヒーターを確認しましたがコトブキ社のでした、よかった・・・

しかし水漏れという不安もある中、発火の危険にもさらされるなんてたまったもんじゃないですね。
しかも予備で三本も持っているとは不幸中の不幸ですな・・・
[ 2010/07/16 19:42 ] [ 編集 ]
>davinciさん

はじめまして^^

実は一本だけ冬場にメンテナンスする際
生体や水草を保温するために利用していました。

商品のうたい文句に”空焚き防止機能”とありますが、
それにもかかわらず発火する危険があるという矛盾。

夏場だからまだ交換しやすいですが、
冬場だとヒーターは生体維持に必須なグッズなので
今後はしっかりとした製品を販売してもらいたいですね。
[ 2010/07/16 21:44 ] [ 編集 ]
おぉぉ 自分この製品使ってます^^;
もう1年以上使っていました・・・

GEXは値段も安いし自分も愛用しているので残念です。
生体にもそうですが特に人的被害に関わりそうな
物の欠陥は怖いですよね・・・
ありがとうございました!
[ 2010/07/17 02:58 ] [ 編集 ]
>黒猫あくあさん

このまま使い続けるのはリスクがあると思いますので、
早めの無償交換をおすすめします。
自分もGEXに問い合わせて交換してもらう予定です。
[ 2010/07/17 18:05 ] [ 編集 ]
記事とは全然関係ないコメントですいませんが、大勢の
一般市民が電磁波兵器で攻撃されて洗脳させられた上に
頭も見た目もおかしくさせられてます。本当に一般市民
が目に見えない兵器で攻撃されてるんですよ。電磁波犯
罪集団ストーカー、電磁波兵器という言葉で調べてみて
ください。兵器による攻撃をやめさせて洗脳された上に
頭も見た目もおかしくされた一般市民を本当の一般市民
に戻しましょう!!
[ 2010/07/17 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。