ビオトープ2010 睡蓮鉢

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ビオトープ2010 睡蓮鉢

もう3月も終わりとか早すぎだろ(笑)


ということで手を付けたくてウズウズしていた
休眠中のビオトープをメンテナンスしました。


睡蓮鉢1

睡蓮鉢2



未草(ヒツジグサ)と姫睡蓮(ヒメスイレン)は
ギュウギュウに根が回っていたので、
芋と新芽を残しすべて根をカット。


荒木田土をコネコネしてマグァンプK(中粒)を少々くわえ
さらにコネコネして用土は出来上がり。


本来は一つの鉢に一株ずつ植えるのがよいのだろうけど、
スペース的に厳しいので二,三株を同じ鉢に植えています。
用土が舞い上がらないよう、ちょっと表面を乾燥させてから沈めました。


写真では仔貝が写っている程度ですが、
アカヒレの姿も見られたので越冬できたようです。


あとはメンテナンス後にミナミヌマエビを10匹お迎えしました。
睡蓮鉢のなかで自然繁殖してくれることに期待しています。


マツモを常時浮かべていますが、
このマツモが爆発的に繁茂してくると
水の透明度もグンと上がり水質も抜群の状態になります。
もう ビオトープの季節ですか。
本当に月日が経つのは早いですね。

メダカでなくてアカヒレとは渋いです。
[ 2010/04/01 23:17 ] [ 編集 ]
jm1999さんこんばんは。

アカヒレは一年半くらい前に買ってきたのがまだ健在のようです。
でもあきらかにサイズの小さいやつがいるので繁殖したものと思われます。
今シーズンは第二世代の彼らが主役になるでしょう。

ヒメダカも半年前に入れたのですが姿が確認できません・・・。
おそらくヤゴも住み着いてるので餌食になったのかも!?

アカヒレは単純にメダカと比べて寿命が長いかなーと思ったので(笑)
[ 2010/04/03 23:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。