無肥料栽培という試み

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

無肥料栽培という試み

アクアネタではないですが、
非常に面白い記事があったのでご紹介します。


こういった記事を読むとワクワクします。

なんというか後半の無肥料ナスは
野生のなにかが目覚めてしまったんでしょうか(笑)
まったく生命の適応力には驚かされます。

水草においてもファームなどで大量生産され、薬漬けの毎日を送っていると
本来持っている力が失われてしまう恐れもあるのかもしれません。

肥料とはいえ量をあやまれば毒に変わりはないわけで。
本来ひとが過剰に手を加えずとも立派に成長することは自然の摂理に他なりません。
関連タグ:[ 肥料 ] [ 2010/02/22 23:34 ] 雑記 | コメント(2)
コメントありがとうございました^^

無肥料栽培、惹かれますね(・w・♪)
でも水槽内でそれをすると厳しそうですね。
水道水に含まれる栄養分だけでは肥料食いの激しい種類は厳しいでしょうし。

過去記事でNaturalGardenさんのコンセプトを拝見しましたが、えらく感動しました。
ゆっくりじっくり自然のままに水草や魚たちを育てていけたらなーと。
無肥料・無添加の水槽、やってみたいですねー。
[ 2010/02/23 23:58 ] [ 編集 ]
>cometさん
おもしろいのは連作を嫌うナスを何年にも渡って同じ土壌で栽培していること。
肥料食いなナスになにかしらスイッチが入って環境に適応した例です。
植物にはまだまだ秘められた力が存在しているのですね。
[ 2010/02/24 00:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。