ヤシャゼンマイ (O. lancea Thunb.)

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ヤシャゼンマイ (O. lancea Thunb.)

ゼンマイと近縁な種類のシダです。
ゼンマイが渓流沿いなどの過酷な環境に適応したものが
ヤシャゼンマイといわれています。

ヤシャゼンマイ

一度自分の管理ミスで水を切らせてしまい、
葉がカラカラになって枯れてしまい、半分あきらめつつも
水をあげていたらニョキニョキと新芽が出てきました。

水切れにはかなり弱いですが生命力があり助かりました。
普通のゼンマイよりもかなり繊細な葉を付けるようです。
関連タグ:[ ヤシャゼンマイ ] [ 2009/06/22 17:36 ] 観葉植物 | コメント(2)
こんばんは。

ヤシャゼンマイとは渋いですね。
シダのなかでは私も大好きな品種です。
屋外では冬場に地上部がなくなるので、毎春 新芽が出るかドキドキしながら待っていたのを思い出します。

今度手に入れる機会があったら、水槽で葉を水上に展開させてながら生育にチャレンジしたいですね。
[ 2009/06/23 21:56 ] [ 編集 ]
>jm1999さん
シダの新芽は何度見てもドキドキしますよね。
リセット予定だとかボルビやニムファ?がメインでしょうか。
続・アフリカン楽しみにしてます^^
[ 2009/06/28 01:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。