繁殖期

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

繁殖期

えらいこと放置したもんだ(笑)

久しぶりのネタも放置プレイしている21cmキューブ水槽。

更新を怠っていた間に近所の桜も散ってしまった・・・
暖かい春の陽気になるにつれ、水草の成長も活性化してきたようだ。

20090423_IMGP3010.jpg

一匹入れておいたレッドラムズホーンが勝手に卵を産み付け、勝手に仔貝が成長している。
苔なども特に除去せずにいたので結果的に彼らのよい栄養源となった。
こうなると水質は抜群に安定する。これは我が家では鉄板だ。

親貝もこの環境だと立派にデカくなる。
パールグラスはライト点灯時には盛んに酸素を放出する。
これくらいの水温がパールグラスには適温なのだろう。

20090423_IMGP3011.jpg
20090423_IMGP3014.jpg

そろそろ足し水か換水をしなければ。
パールグラスなんですね、ちょっと雰囲気が
違うくみえたのでなにかなぁ~って一瞬思いました。
結構細葉なんですね。
[ 2009/04/27 20:06 ] [ 編集 ]
>M.S.Rさん

気温が上がってきたら葉が丸っこくなってきました。
寒いときは細葉っぽいのが多く生えましたね。
[ 2009/04/29 09:21 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ちょっと水温が高いくらいが、
水草にも生体にもいいみたいですね。
最近、魚たちのエサの食いつきが良いです。

干上がる前に、
ぜひとも足し水か換水をしてください(笑)
[ 2009/05/12 23:11 ] [ 編集 ]
>Nさん
やっぱり熱帯魚なだけに彼らの適温になってきたということですね^^
けっこう昼間は暖かい日も多く、そろそろ冷却ファン導入も考えなければ・・・
[ 2009/05/17 18:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。