真珠草と赤羊角

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

真珠草と赤羊角

ひさしぶりのアクアネタw
パールグラス水槽の今。

立ち上げが去年の8月。
その間水換え2回と足し水が数回のみという
脅威の放置プレイ水槽ですw

水中葉になってはじめてトリミングをして後方へ差し戻しを行いました。
秋くらいまでちょっとづつ成長していましたが、
無加温状態なので冬に入りほとんど成長していませんでした。
今年に入り徐々に暖かい日も増え活動再開といったところです。

藻類も繁殖していますが、
それほど状態は悪くないです。
ただパールグラスの葉が本来ならもっと幅広になるはずですが、
うちの環境ではえらく細葉です。ただ単に萎縮してしまっているだけなのでしょうか。

パールグラス水槽

それから藻類を食べてもらおうと初の生体を導入しました。
レッドラムズーホーンを繁殖水槽から一匹お招きしました。
うちのレッドラムズホーンは無加温で鍛えられているので
そのまま放り込みましたが、すぐに活動をはじめました。
レッドラムズホーンの繁殖水槽は常に安定するので、
こちらも藻類除去と共に水槽内のバランサー的な役割も担ってもらいます。

レッドラムズホーン

パールグラスももっと枝分かれしてワサワサになれば言うことナシです。
CO2無添加なので成長は遅いですが、これからもじっくり育成していきます。
関連タグ:[ パールグラス レッドラムズホーン ] [ 2009/02/14 21:23 ] 水草 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。