ブセファランドラsp. クアラクアヤン北部産 タイプ I & II

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ブセファランドラsp. クアラクアヤン北部産 タイプ I & II

ブセファランドラ収集の道程、そこには深淵へと続く沼が広がっていました(笑)
ブセファランドラのなかでも最高に高値で取引されているものクアラクアヤン北部産。
再度入荷する可能性は今後無いと言ってよいでしょう。

ブセファランドラsp. クアラクアヤン北部産 タイプ I
Bucephalandra sp. Kualakuayan Type I

小型なブセファ。
カユラピスやスカダウ Type Iほど小さくない。
オリーブグリーンっぽい色をしている。


ブセファランドラsp. クアラクアヤン北部産 タイプ II
Bucephalandra sp. Kualakuayan Type II

シンタンくらいの大きさでしょうか。
こちらもお茶っ葉のようなオリーブグリーン色で、
ウェーブがかかっており、なかなか綺麗な草体。


以前から欲しかった草ですが、高値でずっと買おうか迷っていました。
どちらも非常に希少種。チョビチョビと増やしていければよいなー。
水上でいくか水中でいくかはただいま検討中。
関連タグ:[ ブセファランドラ ] [ 2008/12/28 01:56 ] 水草 | コメント(4)
ブセファランドラは他のジャンルに比べるとまだ産地も少なく採集物の入荷が滅多に無いので
のんびり集める気になれるのも良いですよね^^
基本的に丈夫だし水草としてちゃんと使い出もあって、今のところ来る度に毎回色や形で確かな産地ごとの特徴を出してくれているのも嬉しいです。
ちなみにうちのType Iはやや大きくなってきました。(それでも十分小型の部類ですが)
若干表面がざらざらした深山石に巻き付けてから成長スピードが早まった気がします。
元々岩に活着していた草だけあって特に小型種は活着水中管理が適しているのかも知れませんね。
[ 2008/12/29 01:00 ] [ 編集 ]
>greentetoraさん

そうなんです。
クリプトなんて種類や産地違いが多すぎて途方にくれますよ(笑)
これからまた新たな産地が増えていくと付いて行けなさそうですが・・・orz
ブセファランドラはソイルなんかに植えると逆に成長が鈍るそうですね。
石に活着させるのが一番自然な育て方だと思います。
いまのところクダガンが一番好きかな。
スカダウ3(ウェービーリーフ)高すぎ!
[ 2008/12/29 02:57 ] [ 編集 ]
ウェーブリーフは高いですねー。
まぁ、もともと8000円で市場出ましたから、
売買するときも、値崩れせずに、その価格で
いっているみたいです。
ちなみに、私は持ってません。。。

クアラクアヤンも小型の方はもともと単価7000円
で市場に出されてますから、こちらもどうしても
そのくらいになってしまいますね^^;;;
でも、カリマンタンの奥地ということで、
出射さん以外、行くことが難しそうな場所でもありますから、
そんな種類が手元にある、と思うだけで私は
とても嬉しいですし、7000円でも安いと
思っています^^;;
このクアラクアヤンは、株単価からするとだいぶ安く入手しましたが、
量を結構入れたので、それなりの恐ろしい値段
になっちゃってます。。。
けど、かなり順調に増えているので、値段を
出した甲斐がある、いい種類と思いました^^

私もクダガンはカッコイイと思います。
あのなんともいえない色あいがキレイですよね!
来年は沢山増やしますよ^^
[ 2008/12/31 17:47 ] [ 編集 ]
>M.S.Rさん
今年はブセファは水中育成していたため
かなり髭ゴケにやられてしまったので
自分も来年はコツコツ増殖、また新産地にも淡い期待を持っていますw
[ 2008/12/31 21:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。