ある熱帯魚飼育者の雑記

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ある熱帯魚飼育者の雑記

はじめて熱帯魚を飼育し始めたのは、
たしか中学2年の春ごろだっただろうか・・・

近所のホームセンターへ行きNISSOスティングレーという60cm水槽を購入した。
同日さらに同じホームセンター内に設けられているペットコーナーへと足を運びアマゾンソードを購入する。今思えばなんとも無難な選択であった。

熱帯魚を飼い始める以前から昆虫やメダカや金魚やらいろいろな生き物を飼っていたこともあり、さすがに初日に魚を飼って水あわせもせず水槽へぶち込むなどといういわゆるビギナーが陥りやすい行動はとらなかった。
1週間後再びホームセンターを訪れ、ネオンテトラ10匹、ブラックテトラ5匹、白コリ5匹を購入する。こちらも難易度的には入門魚といえる部類でこちらも無難な選択をとった。今思えば1週間で水が出来上がるはずも無く、これだけの数の魚を購入する時点でビギナーっぷりを発揮していたと思う。

それから月日は流れ時たま飼育熱が冷め、放置気味になったりするときもあったが、ずっとこれまで維持し続けてきている。
現在その規模は60cm1本、30cmキューブ2本、40cm1本、その他プラケ飼育などという具合に拡大している。
そして今回Blogというかたちで日々の飼育記録を残していきたいと考えました。
決して立派とはいえない環境ではありますが、長く付き合える趣味として、また生命の息吹を水槽という環境において観察できるものとして、非常に魅力ある分野なのでBlogを通じて感じてもらえればと思います。
いつまで続くかまた更新がまともに出来るかわかりませんが、末永くよろしくお願いします。
関連タグ:[ ] [ 2007/07/15 21:36 ] 雑記 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。