雑種

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

どこからともなくリシア

これはたしかにリシアです。
いままでリシアなど一度も買ったことが無いのに・・・
ある日水槽内にほんのひとかけらを見つけて
おそらくなにかの水草にくっ付いていたんでしょう
そのまま放置していたら次第に増えていき、
ボルビティスに絡みついた場所がよほど居心地がよかったのか
スクスクと成長し、今では鳥の巣のようなコロニーを形成するまでに至ったのです。

絡みつくリシア
Riccia fluitans

おまけに気泡までつけてやがります(笑)
ここまで立派になったのなら仕方がない、一人前に認めてやるかなー。


ルドウィジア・ムルレルティ
Ludwigia mullertii (L.palustris×repens)

ルドウィジア・ムルレルティという聞き覚えの無い草を入手しました。
ネットで探してもほとんど情報が無いのですが、
どうやらルドウィジア・パルストリスとルドウィジア・レペンスの雑種らしい。
写真はまだ水上葉なのでどんな水中葉が展開するのか楽しみです。
写真はちょっと前に撮影したものでこの記事を書いている現在では少し水中葉を展開し始めているのですが、
葉は緑色で両種よりももっとスレンダーな形状をしています。
今のところは様子見で後々紹介するかもしれません。
スポンサーサイト
関連タグ:[ リシア ルドウィジア 雑種 ] [ 2008/12/18 01:14 ] 水草 | コメント(3)
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。