ミリオフィラム

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ビオトープの夏

連日残暑が厳しいなか、
いかがお過ごしでしょうか?

今年は例年よりもクーラーに依存した生活を送っています(笑)
熱中症や夏バテにかからぬよう、水分とミネラル補給には十分注意しています。
まだまだ暑い日が続きそうですが、体に気をつけて乗り切りましょう。

さて、8月に入ってビオトープ最盛期なわけですが、
自宅のビオトープの近況をご報告していきます。

発砲スチロール栽培

一面水上葉で覆われた発泡スチロール箱ビオトープです。
下はレンガなのですが、熱の影響を受けにくいので
ビオトープには最適な素材だと思います。

去年はルドウィジアが優勢でしたが、
今年はロタラがメインを張っています。

個人的にはニードルリーフ・ルドウィジアに
もっと増えてほしいのですが、
箱の隅でわずかに生存している状態です。

先月くらいに右上の影の部分に藍藻が発生し、
拡大する気配がありましたが、水草の成長力が勝り沈静化しました。
ちなみにこんな状態ですがメダカが一匹泳いでます。



パールグラスの水上葉

アフリカナガバノモウセンゴケをせっかく発芽させて植えたのに、
豪雨による水面上昇により消滅してしまいました(涙)

そのかわりパールグラス水槽で刈り取った水上葉を
1/3ほど敷きつめておいたら、いつのまにか全面に広がっていました。
水しか入っていないのによく伸びるものです。



睡蓮鉢

睡蓮鉢は例年通りというか、そこそこ落ち着いてきました。
落ち着いてきたというのは、追肥を一切やっていないためです。

中央の新しい葉があきらかに小ぶりになってきました。
水中はマツモがぎっしり繁茂しているので、
さすがに栄養が枯渇してきたのでしょう。

追肥してもよいですが、十分に花は楽しめたしこのままいくかもしれません。
シーズンが終わっても栄養を使い切れずに残るほうが嫌なので。



ミリオフィラムの水上葉

個人的にミリオフィラム・マットグロッセンセほど
強靭な水草はほかにないと思います(笑)

・乾燥に強い
・暑さに強い
・寒さに強い
・成長が早い
・肥料切れに強い
 (というかやってない)


バケツの半分ほど根がぎっしり詰まった状態で
冬場に水位がかなり下がったうえに
霜や氷でガチガチに凍らされたのにもかかわらず
今年もなにくわぬ顔でニョキニョキと生えてきました。

一時期は完全に枯らしてしまったと思い
根をまるごと処分しようかと考えていましたが、
春先に新芽を確認したときは驚きました。
スポンサーサイト

外部フィルター半年以上放置

というか設置して以来一度も中身を確認していないという始末(笑)
水質はそれほど透明度はないが、コケの発生もほとんどなく過去最高の安定度を維持している。
このまま外部フィルターをノーメンテナンスで夏を迎えるべきか、一度メンテナンスをするべきか微妙な時期に入ってきた。
水流もそれほど落ちてはいないし、安定しているので下手に手を入れないほうがよいかもしれない。
でも夏に調子を崩しそうでちょっとビクビクしている管理人でした・・・。

キューブ水槽の全景
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

茂りまくっていたパールグラスは大部分をトリミングし右前景と後景に差し戻した。
同じく茂りまくったオークロも新芽を前景へ植え込んだ。
知らぬ間に茂っていた長年の付き合いであるクリプトコリネ・ペッチーも
この度よく目視できる左前景へポジションを移した。
あとはボルビティスやらミクロソリウムやらが中後景に陣取るかたちで落ち着いた。
残るべきものたちが残ったという感じで、おそらく今の布陣で夏を向かえそうだ。

【前景】
クリプトコリネ・ペッチー
クリプトコリネ・パルバ
エキノドルス・テネルス
オーストラリアン・ウォータークローバー
パールグラス
ニードルリーフ・ルドウィジア

【中景】
ミリオフィラムsp. オレンジ ローライマ産
ミリオフィラムsp. ガイアナドワーフ
ミクロソリウムsp. スモールリーフ
ミクロソリウムsp. サンダーリーフ
ボルビティス・ヒュディロティ カメルーン
U.S. Fissidens Fontanus

【後景】
パールグラス
ボルビティスsp. ギニア



あ、それと新参モノの水草も浮かべてあったりします↓
20080612_IMGP2456.jpg
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

Bucephalandra sp. "Sintang"
Bucephalandra sp.2 "Sekadau"

ビオトープ2008

本格的にビオトープシーズン到来で
庭の水鉢にも活気が出てきました。
6シーズン目を迎える我が家のビオトープは
どんな展開を見せてくれるのでしょうか・・・

ヒツジグサ(未草)
ヒツジグサ(未草)の蕾
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■ヒツジグサ(未草)
数あるスイレンのなかで唯一の日本固有種。
小輪ながら純白の花びらは情緒を感じる。
癖のない非常にシンプルなスイレンである。


ミリオフィラム・マトグロッセンセ
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■ミリオフィラム・マトグロッセンセ
数シーズンに渡り越冬してきた。
他の水草が枯れるなか意図も簡単に越冬をする強靭種。
今年もバケツの鉢でシーズンを迎える。


クローバー
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■クローバー
庭の一画でコロニーを形成している。


シノブ科
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■シノブ科(?)
普通に水上のシダも好きです。


老犬1
老犬2
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■老犬(♂)
人間でいうと還暦は過ぎている感じ。
いつまでもお元気で。
関連タグ:[ ミリオフィラム ヒツジグサ ] [ 2008/05/25 14:21 ] ビオトープ | コメント(6)

GWいかがお過ごし?

みなさんいよいよGWに突入し、いかがお過ごしでしょうか?
自分はというと特に今のところ予定も無く水槽いじりをしてました(笑)
飛び石連休系なので明日は普通に仕事です。

キューブ水槽(左)の全景
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

久しぶりのキューブ水槽全景です。
水草の種類がえらく様変わりしています。
一部水草以外のものも入っています。


ミリオフィラムsp. オレンジ ローライマ産
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■ミリオフィラムsp. オレンジ ローライマ産
成長著しいです。
どんどん伸びていきます。
ロタラ系が縮れてどうしようもなくなったので、
すべて引っこ抜いてしまったのですが、
なぜだかミリオフィラムは順調に展開しています。


ボルビティスsp. ヘテロクリータ(ジャワファン)の水中葉
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■ボルビティスsp. ヘテロクリータ(ジャワファン)
水上葉をそのまま沈めておいたのですが、
ようやく葉先から水中葉を展開し始めました。
ある程度成長しましたが、ちょっと黒ずみはじめたのでダメかもしれません。


ミリオフィラムsp. ガイアナドワーフ
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

■ミリオフィラムsp. ガイアナドワーフ
こちらはスクスクと成長。
以外にミリオフィラムとの相性が良い??


かつて猛威を振るった藍藻や髭ゴケの発生も
終息して非常に安定している感じです。
水換えも2週に一度1/3程度に留めています。

アルジーライムシュリンプが増殖しています。
底を見ると稚エビがたくさん確認でき、抱卵個体も何匹かいるようです。
水槽内にもどこか春の陽気を感じることができます。
関連タグ:[ ミリオフィラム ボルビティス ] [ 2008/04/27 21:13 ] 水草 | コメント(0)

ミリオフィラムsp. ガイアナドワーフ

ミリオフィラムsp. ガイアナドワーフ
RICOH R8

興味がありちょっと前に購入しました。
とはいっても購入した当初は水上葉で水のなかへ入れても
まるでビニールのように超防水の葉は水を弾いて不自然な感じでした。
ここへきてようやく水中葉らしき葉が展開してきたことと
そもそもあった水上葉が抜け落ちたかエビに食われて、
下半身が茎のみというみすぼらしい姿になってしまったので
先っちょをトリミングして差し戻してみました。

同時期に買ったミリオフィラムspオレンジ ローライマ産は最初から水中葉ということもあり、
ガンガンに成長していますが、こちらは比較的まったりとしています。
繊細な葉は、まったく赤みがなく綺麗な緑色をしています。
成長も緩やかですしミリオフィラムのなかでは非常に小さい種類なので
小型水槽にはぴったりですね^^
関連タグ:[ ミリオフィラム ] [ 2008/04/22 01:25 ] 水草 | コメント(0)
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。