ウォータースプライト

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ウォータースプライトのその後

ウォータースプライト
RICOH R8

水槽のメンテナンスも放置気味でひさしぶりにフタを開けてみるとこんな具合でした。
ちょっと成長速度が速すぎます!(シダのくせに・・・)
この水草の浄化能力はすばらしいものがあり水質は良好に保たれよいのですが、
如何せんこの茂りまくった葉が他の水草の生育を妨げる恐れがあるので
残念ながらストック水槽行きとなってしましました。
スポンサーサイト
関連タグ:[ ウォータースプライト ] [ 2008/04/19 16:54 ] 水草 | コメント(6)

水中生活を忘れた水草

古くからグッピーにはスプライトと言われ、一昔前までポピュラーな水草だったウォータースプライト。
しかし近年のアクアリウムは器具の向上やネイチャーアクアリウムの普及によりソイルをベースに高光量な照明で水草を育成するスタイルが広まり、その環境で育成が最適な水草がポピュラーな存在へと変わっていきました。

ウォータースプライト
■郵送時の多少の痛みがあり心配していたがあっさりと新葉を展開した。

こちらも古くからの定番のパールグラスなどはソイルでもその順応性を見せ綺麗に茂りますが、ウォータースプライトをソイルで育成すると溶けるように枯れてしまいます。
それでもまだショップにいけば比較的扱っているところも多いです。
しかしそのほとんど全てが水中で長期飼育することはできません。
なぜかというとウォータースプライトは水中にいた頃の姿を忘れてしまった水草だからです。

これは非常に恐ろしいことで、今の水草ファームでの栽培方法のほとんどが水上栽培されており、
今後ウォータースプライトの二の舞になり得る水草が出てくる可能性は十分に考えられます。
毎年乾季と雨季を交互に繰り替えす自然環境とは異なり、特殊な環境化で長期間栽培された水草は本来のスタイルからかけ離れた性質になってしまうということです。

グッピーを専門に取り扱っている『スタジオ ポエキリア』では、
今では貴重となったウォータースプライトの水中葉を大切に栽培されています。
ウォータースプライトに関する記事もありますので、
興味のある方は一度Webサイトをご覧になってください。

スタジオ ポエキリア
http://www.poecilia.com/
関連タグ:[ ウォータースプライト ] [ 2008/03/16 10:12 ] 水草 | コメント(0)
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。