2008年03月

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

越えられないガラスの壁 2

越えられないガラスの壁2
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

これから歩んでゆく人生のなかで
どのくらいアクアリウムに時間を費やしていくのだろう・・・。
スポンサーサイト
関連タグ:[ ] [ 2008/03/30 19:35 ] 雑記 | コメント(4)

越えられないガラスの壁

越えられないガラスの壁
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

越えてくるものは、燦々と降り注ぐ蛍光灯の灯りのみ。
関連タグ:[ 蛍光灯 ] [ 2008/03/29 23:13 ] 雑記 | コメント(0)

小さな草原(予定地)

徐々に春の暖かい季節を迎えつつある今日この頃ですが、
キューブ水槽のごちゃごちゃ感からの反動なのか、
シンプルな水景を立ち上げることにしました。

18cmキューブ水槽へアマゾニアパウダーを1/3ほど敷き、
キューブ水槽の水を注水。
水草はヘアーグラス・ショートのみ。
生体は今のところ無し。

おまけ親石
RICOH R8

トロピカ社のヘアーグラス・ショートなのですが、
見た感じ背丈もあきらかに普通のヘアーグラスと変わらないし
ちょっと不安になりましたが、どうやら水上葉のようで水中化すると葉も小型化するそうな。
たしかに水中葉とは思えないほど固くてツンツンします。
ボリューム的にも1ポットで丁度よい量でした。
水上葉とわかり躊躇無くザックリといかせて頂きました(笑)
まあ見た目は完全に田植えですね。秋にはよいお米が取れそうです^^;

田植え後の風景
RICOH R8

水槽:SUZUKI 18cmキューブ水槽
照明:無印良品 アルミデスクライト+パルックボールスパイラル60W形
ろ過器:なし
ろ過材:なし
底床:ADA アマゾニア パウダー
添加剤・肥料:テトラ イニシャルスティック、ADA バクター100、ADA クリアスーパー、ADA ペナックW
CO2:なし
水温:ヒーターなし
pH:未測定
生体:なし
水草:ヘアーグラス・ショート
備考:親石はチャームのおまけで貰った深山石(みやまいし) Sサイズ
関連タグ:[ ヘアーグラス アマゾニア ] [ 2008/03/24 00:59 ] レイアウト | コメント(0)

ボルビティスsp. ギニア

ボルビティスsp. ギニア

ボルビティスsp. ギニアは当初あった葉は髭ゴケに次々にやられていったため
思い切ってバッサリと切ってしまいましたが、
最近は次々と新葉を展開してきました。

葉には脈が通っておりギザギザな葉や透明感もあってか
まるで軟体動物のような質感にさえ感じます。
葉に関しては20cm以下でコンパクトなサイズです。
まさしく小型水槽にはうってつけでしょう。
関連タグ:[ ボルビティス ] [ 2008/03/22 02:09 ] 水草 | コメント(4)

米国産ウォーターフェザー

米国産ウォーターフェザー

一月ほど前に購入して溶岩石に巻き付けてあるウォーターフェザー。
普通のウォーターフェザーは活着力が弱いかほとんど活着しないタイプがほとんどで、活着しないモスに興味はない!ということで高価だし特に欲しいとは思いませんでしたが、こちらの米国産ウォーターフェザーはがっつり活着するということで興味があり育成しています。
常温と加温で別々に育成していましたが、常温はさすがに今の時期は厳しかったらしく、ほとんど成長が見られなかったので、水槽へ移しその後ちょっとづつですが成長しているようです。
活着はするそうですが念のためポリエステルの糸を巻き付けて固定してあります。
関連タグ:[ ウォーターフェザー ] [ 2008/03/20 10:34 ] 水草 | コメント(2)
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。