ADA

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

たからばこの なかには ステンレスのつえ がはいっていた!

底知れぬ物欲で購入してしまった。
決してADA信者ではないのですが、なんだか徐々に身の回りにADA製品が増えてきてます(笑)
かといってアンチア○ノというわけでもなく、よいものは取り入れるをモットーにしてはいるのですが・・・

【性能のよい製品を使う=自身のスキルアップ】
とはいかないものなのです。
よい製品を使用すればうまくいくのは当たり前で、
それでもし自分のスキルアップの機会が阻害されているとすれば
それは非常にもったいない事ですね。

今回購入にあたっての選択肢として出水側はリリィパイプP-2も考えましたが、割れやすいことと使用するうちに汚れが目立ち、頻繁にメンテナンスが必要なのではというリスクを考え却下しました。
このメタルジェットパイプですが水流の強さを緩やかにする働きがあるということで使用するのが楽しみではあるのですが、設置はどうしてもフィルターを止めての作業となるので、もう少し先となりそうです。
しかし今年に入っていろいろとアクアリウム関連にお金を使いすぎたものです。当分は自粛をしよう、と言いつつもまた物欲が働くかもしれませんが^^;

ぎんのはこ
箱からして洗練されたデザインで物欲をそそります。
しかも2セット!(はぁぁ・・・)


ステンレスのつえ
網目の部分でとくにV-1の方は若干チープな感じを受けました。
いい意味でハンドメイド感たっぷりですね^^;
キスゴムが水槽の外側で固定するタイプなのでキスゴムの劣化も起きず、
この辺もよく考えられていると思います。
あとP-1の先端部分の取り付けかた間違ってました(笑)

洗練されたデザインとさらには機能美も兼ね備えたADA製品は、
まさしくアクアリウム界のハイブランドといえるでしょう。
高級車に乗るドライバーが運転技術ダメダメでは格好がつかないので、
乗りこなせるだけの確かなスキルと経験も身につけねば!
スポンサーサイト
関連タグ:[ メタルジェットパイプ ADA ] [ 2008/01/20 04:10 ] アイテム | コメント(4)
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。