アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

30cmキューブ水槽(左)の出来事

3連休に突入しました。
東京の郊外に住んでいますが、朝から結構冷え込んでいます。
また雪が降るかもしれません。

30cmキューブ水槽(左)

30cmキューブ水槽(左)の近況ですが、
良いことあり悪いこともありといった感じで
まあアクアリウムなんてそんなものでしょうか。

【悪】ロタラ類の先端部分が縮れる。

毎週うっすらと水槽前面に生える苔が何とかならないものかとほぼ毎日就寝前にカリウムを添加していました。
結果一週間たってもガラスはピカピカ^^やっと苔から開放されたと思ったのもつかの間。
グリーンロタラとロタラ・ロトンディフォリアの新芽が縮れていました。
カリウム過多→窒素不足?のダブルコンボを与えてしまったかもしれません。
そもそもマスターサンドで初期肥料なしなのでカリウム過剰添加によって窒素が底を突いてしまった可能性は十分考えられます。
また先日テトラクリプトをばら撒いたこともすっかり忘れており、カリウムはすでに行き届いていたかもしれません。
ひとまず危険承知でアクアフローラ一粒を投下しカリウム添加を控えて様子見です。

【悪】ダディブルジョリィ必死のダイブ!

4匹飼っていたケラ・ダディブルジョリィですが、
そのうち3匹が相次いで水槽から昇天ダイブされました。
いずれも同じようなところで発見されました。
水槽の前面魚一匹通るか通らないかという隙間をすり抜け彼らは逝ってしまいました。
まさかこんな短期間に3匹も☆になるなんて思ってもみませんでした。

【悪】藍藻好調

なんだかなぁ~

【良】オーストラリアン・ウォータークローバー馴染む

数日間はあまり変化も無く
葉の縁が茶色くなってきたので心配していましたが、
最近は環境にも慣れたのか徐々に新芽を展開しています。
小さい葉が密になって育てやすく綺麗な水草で気に入りました。

オーストラリアン・ウォータークローバー


【良】アルジーライムシュリンプの抱卵

水槽内には8匹ほど生息していますが、
そのなかの数匹が抱卵していました。
はたして稚エビを見られる日はやってくるのでしょうか。

抱卵するアルジーライムシュリンプ
スポンサーサイト

完熟チェリー

キューブ水槽設置当初からのタンクメイトである
チェリーバルブが4匹(♂3♀1)生き残っておりましたが、
先日♂の泳ぎが突如おかしくなり数日後☆になりました。

年々風格を増し今はまさに脂の乗り切った
完熟の域に達している感じです。
先日近所のペットショップに立ち寄ったとき、
チェリーバルブが売られている水槽を覗いてみましたが、
君達まだまだ若造よのーと思いつつペットショップを後にしたのでした。

Puntius titteyaPuntius titteya
関連タグ:[  チェリーバルブ ] [ 2008/01/30 01:21 ] コイ科 | コメント(2)

ブラックモーリーの稚魚

ブラックモーリーの稚魚

今年10月にオトシンクルス・ネグロを飼っている水槽で生まれたブラックモーリーの稚魚たちも随分と成長して大きくなりました。
成体6匹を飼っていたのですが、次々に☆になり今では一匹だけとなりました。投入してすぐに仔を産んで他界したメスから生まれた子孫たちなのです。藍藻を食べてもらおうと飼いはじめたのですが結局その前に藍藻が衰退してしまったので、いまだ未投入のままです。

稚魚大量死

先日生まれたばかりの稚魚が昨日相次いでになりました。
昨日は会社のなかでクーラーのガンガン効いた部屋へいることがほとんどでわかりづらかったのですが、都心では初の猛暑日を記録したらしいです。帰りは日が暮れて夜中はそれほど暑苦しいとは感じませんでしたが、まだか弱い稚魚たちには過酷な状況だったのだと思われます。100匹以上泳いでいたはずの稚魚がわずか数匹にまで激減しました。これは完全に飼育者の判断ミスであり、十分回避できたでしょう深く反省しております。慌てて親ベタのケースも覗き込みましたが、暑さにも耐え元気そうでした。今度生まれてくる稚魚たちがいたときは、ファンの効いた水槽へ産卵箱を浮かべ隔離しようと思います。現段階では生き残った稚魚たちの調子を取り戻すことに重点をおいています。
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。