インフゾリア

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

インフゾリアの素

20070814_IMGP0824.jpg

2度目の稚魚も孵化し、数日後には餌を食べ始める。
そんな稚魚たちのために、また前回のこともあったのでとっておきのアイテムを用意した。
その名も『プロトゲン』。プロトゲンとは休眠状態のインフゾリアを特殊な製法でによりタブレット状にしたもので、水に入れると約24時間で休眠状態だったインフゾリアが再び活動を始め、それが稚魚の絶好のエサとなる。ベタにここまでやるか?インフゾリアなんて水草浮かべておけば勝手に湧くのでは?などの意見もあるかと思いますが、手軽に準備できるという点でいろいろ便利かなと今回用意してみたわけです。もともとこのプロトゲンとはHOBBY社ブラインシュリンプ用の餌という変り種。さらにインフゾリア用の餌も販売していたりとなんともマニアックなHOBBY社製品。今後も注目していきたい会社ですね。


インフゾリアフード HOBBY プロトゲン 20ml
スポンサーサイト
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。