アサザ

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

アサザ開花

うちでは熱帯魚はもちろん飼育しているのですが、庭にも水の世界が広がっています。
今回紹介するのが、もうかれこれ4,5年前に園芸用のプランターを使って作ったビオトープらしきものです(笑)最初の頃はホテイアオイを浮かべメダカを飼っていたのですが、次のシーズンにアサザを植え今となってはアサザの独壇場と化しています。
そんなアサザですが導入した直後はうまく育たず、貧弱なまま冬を向かえ水も干上がりもう枯れてしまったと覚悟を決めていました。
しかし翌春にひび割れた泥のなかでわずかに緑色をしたものが見えたので、掘り起こしてみると小指の爪ほどの小さな芽が生えていました。それが3本見つかり再びリベンジし、今度はちゃんと肥料もやりすくすくと成長、年々株数を増やしここ数年は黄色い花も見せてくれます。
特に今年は肥料が多かったのか浮き葉も大きく、爆殖しております。水もかなりの透明度になり、今はそのなかでアカヒレが悠々と泳いでいます。
アサザの写真
来客

アサザの写真
今年はたくさん開花が見られるでしょう
スポンサーサイト
関連タグ:[ アサザ アカヒレ プランター ] [ 2007/07/16 12:51 ] ビオトープ | コメント(0)
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。