アイテム

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

キョーリン ひかりクレストグッピー

最近は新たに生体や水草を購入するという機会もなくなり、
ひたすら今ある水草の維持とエンドラーズの累代飼育に努める日々なのですが、
2ヶ月ほど前に餌の種類を変更したのが唯一の変化です。


ひかりクレストグッピー


今まではテトラミンスーパーという餌を与えていましたが、
いつ開封したかも忘れたほど古いものでした。

確実にに魚へ悪影響だろと突っ込まれそうですが、
ようやく使い切ったので、次はネットでいろいろな情報を調べました。
そして選び抜いたのがキョーリンのひかりクレストグッピーです。

特別珍しい餌でもなく、スタンダードすぎて面白みはありませんが、
品質や入手のしやすさ・価格など一番バランスがとれていたのでこれにしました。
そして餌を変えてから明らかに稚魚の数が増えています。

大きな違いはテトラミンがフレーク状だったのに対して
ひかりクレストグッピーは顆粒状で水面に広がるので
グッピーが食べやすい形状になっています。

トリミングを怠ってジャングル化したから稚魚の生存率があがったり
たまたま繁殖ラッシュが重なっただけかもしれませんが、
30cmキューブ2つとも稚魚の数が多いので餌の可能性が大きいです。

今までの餌が古るすぎたのが悪かっただけかもしれませんが(笑)
エンドラーズはグッピーほど爆発力はないですが、
この稚魚たちが成長したらと思うとちょっと過密になりすぎる不安があります。

【参考サイト】 Viva! Endlers
http://endlerslivebearer.fc2web.com/foods/
スポンサーサイト

新春♪買ったわいいけど使わず放置されているものー

買ってみたのはよいものの
そのまま放置して使わずにいるものって
誰しも該当するものがあるはずw

↓はただでさえ衝動買いの多い筆者が
 使わずにいるアイテムのほんの一片です(笑)


■ルーツウッド
買ってはみたものの、一度も水に沈めていない
ただ普通に置いとくだけでもインテリアとしてはいいかなと思った。
このままインテリアとしてその生涯を終えるのか(?)

20090102_IMGP2907.jpg
20090102_IMGP2909.jpg


■ADA NAサーモメーターJ クリアタイプ
これは昨年の暮れにアクアフォレストへ行ったとき、
ずっと購入を控えていたが、思わず手が伸びてしまったもの。
ということで比較的あたらしいのですが、せめて開封してやれというw
設置するのも一瞬でできるのに・・・なんとなくいまだ放置。
60cm水槽なんて管理してないのにガラス厚 6mm用もなぜか購入。
未来を見据えた前向きな購入だと自分に言い聞かせる。

20090102_IMGP2913.jpg
関連タグ:[ ] [ 2009/01/02 19:46 ] アイテム | コメント(4)

最高品質の水槽を追い求めて

みなさんアクアリウムを楽しむうえで必要不可欠なモノと言えば何を想像しますか?
光を供給するための照明器具でしょうか?
それとも水槽内を浄化するためのフィルターでしょうか?

正解はというと水槽(容器)です(笑)
これがないとそもそも水を一定の場所に留めておくことはできませんからね。
自分は日ごろからよりよい容器がないものかといろいろ調べてはいるのですが、
先日もの凄いものを発見してしまいました。

石英ガラス製角型ビーカー(200mm角)
石英ガラス製角型ビーカー


おお!これは水槽として使用するにもピッタリなサイズではないかと価格を見てみると・・・

「通常価格 ¥344,000(税抜)」

¥344,000?!!

一瞬0が二つほど多いのではないかと目を疑いましたが間違いありません。
20cm四方でこの価格はまさしく超高級品です。
半導体プロセスなどに使用されているものと同等品だそうです。
なんといっても石英ガラスなので透明度は抜群でしょう。
比較としてあのADA キューブガーデン・スペリアでさえ¥53,550ですから格安に見えます^^;

完全受注生産ということでブルジョワなあなたに持ってこいの商品となっております(笑)
自分はというと、まぁ宝くじで大当たりが出たら買ってみるのもいいかな~。
以上一般市民にはご縁の少ないお話でした。
関連タグ:[ 水槽 ] [ 2008/02/24 06:58 ] アイテム | コメント(2)

オランダ名物 オランダおこし(嘘

aquaflora

"おこし"ことアクアフローラです。
買ったはよいのですが、まだ一度も使ったことがありません。
固形肥料のなかでも一番おいしそうな形状をしていますね。
コケが生えている水槽なんかにいれたら確実に爆弾投下するようなものでしょう。

うーん生体の入っていない水槽というと20cmキューブくらいしかないか、
でもあんな水量だからおこし一粒で崩壊しそうな予感がしますが。
ちょっと使いどころに悩む肥料ですね。
一応睡蓮の写真が載っているようなので、今年ビオトープの睡蓮の肥料は、
このおこしを試してみようかとひそかに構想中・・・。
関連タグ:[ アクアフローラ ] [ 2008/01/29 00:02 ] アイテム | コメント(2)

CO2もメタルに。

CO2配管用 Metal Joint Pipe

メタルジョイントパイプと併せてCO2配管もステンレス化しようという企みです。
正直中にいる魚やエビや水草にはまったくメリットがありません(笑)
完全に飼育者のエゴを満たすための代物です。
このくらいステンレス管を自分でひん曲げて自作できそうな感じですが、
なかなかこの絶妙な曲線は再現できないでしょう。
こうなったらエアレーションチューブもこれに変えてしまおうか!と暴走しそうになりましたが、
なんとか理性で抑えつけ事なきを得ました。

これを発酵式CO2発生器(500mlペットボトル)に接続します。
おきらくCO2添加に無骨なステンレス配管というなんとも異様な組み合わせになりそうです。
配管を目を近づけてよーく見ると薄っすらと「factory style aqua」というロゴが刻んであります。
A○Aもこのくらい控えめな主張をしてくれると、もうちょい好きになるのですがね^^;;
関連タグ:[ 二酸化炭素 ] [ 2008/01/26 16:05 ] アイテム | コメント(0)
プロフィール

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。