グリーンバクター

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

キューブがあれば、なんでもできる。

以前アマゾニアII・パウダーで立ち上げた20cmキューブ水槽。
ソイルの立ち上がりの初期管理もできないグータラ管理人のおかげで
富栄養化→藍藻→崩壊という最悪の結末を迎えたのでした・・・。
もうソイルは当分やめておきます。貧栄養な環境が好きです(笑)

20cmキューブ水槽

我が家の定石マスターサンドでもよかったのですが、
少量でそれほど厚みを持たせられないなと思ったのと
以前に購入して未開封のアクアグラベル(Sサイズ)があったので
この機会に使ってみることにしました。

バクター100少々とグリーンバクターを一滴。
ソイルと違い肥料分は自分でコントロールしていきます。
とりあえず生体の投入は未定なのでマルチボトム一本を半分に折り、
アクアグラベルのなかへ埋め込んでおきました。

濾過も外掛けフィルターからエデニックシェルトへ強化しているので、
いきなりコケコケ状態になることは、おそらく無いでしょう。
まだ立ち上げたばかりなのでモヤがかかっていますが。。。

パールグラス

水草はパールグラス。ちょっとリッチにトロピカ社もの。
水上葉なので早く水中化して茂みをつくって欲しいものです。
寝室の一画にある水槽ですが、エデニックシェルトは抜群の静かさです^^
流木や小石なども入れると雰囲気でそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

Fisheye

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。