エビ・貝

アクアリウムを通じて熱帯魚や水草と戯れる日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:[ ] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

繁殖期

えらいこと放置したもんだ(笑)

久しぶりのネタも放置プレイしている21cmキューブ水槽。

更新を怠っていた間に近所の桜も散ってしまった・・・
暖かい春の陽気になるにつれ、水草の成長も活性化してきたようだ。

20090423_IMGP3010.jpg

一匹入れておいたレッドラムズホーンが勝手に卵を産み付け、勝手に仔貝が成長している。
苔なども特に除去せずにいたので結果的に彼らのよい栄養源となった。
こうなると水質は抜群に安定する。これは我が家では鉄板だ。

親貝もこの環境だと立派にデカくなる。
パールグラスはライト点灯時には盛んに酸素を放出する。
これくらいの水温がパールグラスには適温なのだろう。

20090423_IMGP3011.jpg
20090423_IMGP3014.jpg

そろそろ足し水か換水をしなければ。
スポンサーサイト

新入りタンクメイト

前々から気になっていたタンクメイトを2種お招きした。

20080810_IMGP2628.jpg
■レッドチェリーシュリンプ
真夏にエビを新たに購入するという暴挙にでたわけですが、12匹中3匹が袋開封前に落ち、さらに水槽へ入れてからもう一匹落ち・・・
水あわせもかなり大雑把にやったので多少の覚悟はありましたが南無。
導入直後は色が抜けていましたが、一時するとみるみる赤くなり名前の通りさくらんぼ色に染まりました。
でもたしか♀が赤くなるのですべて♀の可能性もあり??
アルジーライムシュリンプとの交雑も起こりうるのか不明ですが、とりあえず同じ水槽でツマツマしております。

サザエ石巻貝
■サザエ石巻貝
カバクチカノコガイが小型水槽にはちょっと大きすぎるサイズなので
カバクチの子分的なポジションとしてサザエ石巻貝も入れてみました。
大きさ的には丁度よい感じだと思います。はたして実力はいかほどか。

パールグラスとエビ

20080612_IMGP2446.jpg
20080612_IMGP2460.jpg
PENTAX K100D + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

アルジーライムシュリンプ

エビちゃん
RICOH R8

最近アルジーライムシュリンプの稚エビがちらほら見られるようになりました。
抱卵個体から無事に生まれ育っているようです。
結構地味なエビだけれどほんのりと黄緑がかった体色は、
水草に自然に溶け込み邪魔になりません。
関連タグ:[ アルジーライムシュリンプ ] [ 2008/04/05 02:17 ] エビ・貝 | コメント(0)

シュリンパー

ヤマトヌマエビ

うちのサイトの検索ワードを調べてみたら
第一位が以外にも「アルジーライムシュリンプ」でした。
実はアルジー以外にもう一種類エビを飼っています。
それが写真に写っているヤマトヌマエビです。
苔の駆除・予防用として鉄壁の地位にあります。

水草水槽にエビが似合わないはずは無く、
よいアクセントになり日々水槽内を清掃してくれています。
個人的に過去何度かエビを飼育した経験がありますが、
いずれも短期間のうちに落としてしまいエビに苦手意識があったのですが、
もちろんエビを飼ってみたかったし、いつまでも克服できないのではいかんなと思い
アルジー皮切りにヤマトにも手を伸ばしてみたのです。

導入時に数匹落としてしまいましたが今いる5匹は非常に元気です。
これまで夏の間や初秋に落としてしまうケースが多かったので、
今年の夏こそエビ達を落とさずに飼育できるよう、頑張ってみたいと思います。
関連タグ:[ ヤマトヌマエビ ] [ 2008/01/11 00:47 ] エビ・貝 | コメント(2)
プロフィール

筆者:Fisheye

幼少時代から動物や植物好きで金魚や昆虫などを飼っていた。中学生のころ熱帯魚飼育に目覚める。自分らしくシンプルに楽しむアクアリウムをモットーに悪戦苦闘の日々を送っている。

ブログ内検索
翻訳
おすすめ書籍

動物と人間の触れあいが自然でかつユーモアに書かれている。 特にバランスドアクアリウムの章はアクアリストには必読。 堅苦しい表現はなく、幅広い世代に親しまれる永遠の名作。 むしろ動物嫌いな人にこそ読んでほしい。

アーカイブ
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。